銅 立樋金具作り

銅 立樋金具作り

立樋パイプ受け金物の作成に入りました。 

来年4月までに30個作らないといけないので、とりあえず1個作ってみました。

 

銅2mmのフラットバーをこんなに小さく丸めるのは、正直むずかしかった~・・
何度も熱を加えキズが入らない様に少しずつ当て棒に合わせ木鎚で
丸めていきます
そして三本ローラーでパイプの直径に合うように丸めます
が、なかなか合いません・・・

軸の部分と止めの部分は、リベットを割いて作っていきます
私は電動工具はあまり使いたくないので、いつも切るのは
手引きノコです
 

そして軸の部分に差し込んで切った部分を開けますと
抜ける事なくしっかり止まります

私の師匠達は、今みたいに既製品がなかった時代なので
何でも手造りしていたらしく 改めて昔の人のすごさを
実感します。

 残り29個めげずにがんばります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ